イルミネーションデザイナーの想い | 千葉友也 - 設計・デザイン -

京都を拠点にするイルミネーションデザイナー千葉友也のブログです。全国のホテルや店舗、商業施設等におけるイルミネーションをメインにデザイン、企画設計。装飾照明、空間設計(ディスプレイ、展示会イベントブース、インテリア、ディスプレイ)、グラフィック、WEB等。

「下鴨神社 糺の森の光の祭」 チームラボがアート空間に演出

f:id:chibatomoya:20160819092427j:plain

チームラボが手がける「下鴨神社 糺の森の光の祭」

京都在住の僕にとっては、小さな頃から馴染みのある下鴨神社世界遺産でもある下鴨神社で、今回チームラボのアート展示が行われるということで、会期初日に行ってきました。

 

f:id:chibatomoya:20160819092942j:plain

この看板が入口に両サイドに設置されていました。チームラボのロゴと、下の明朝体フォント、面のスペースとのバランスが良い感じ。このフォント、写真では見えにくいですが、うっすらぼかしを入れて、文字が光ってるようなデザインにしてあります。(WEBサイトでもそうですね。)

 

「呼吸する木々-下鴨神社 糺の森

下鴨神社糺の森の参道沿いの木々にRGB照明でライトアップがされ、光の空間がずーっと続くのは、昼間に訪れる参道とはまた違うアート空間へと演出されていました。

f:id:chibatomoya:20160819093756j:plain

参道の木々は、そばを通る人々に反応して、光の色を変化させ音色を響かせるアート演出が続きます。これが、参道の木々が呼吸するかのようなイメージでしょうか。

これ、本当にずっと続いてます。ちょっと照明器具を気になるところは職業病でしょうね。。。汗だくになりながら少し並んでいると、「並んでも入れませ〜ん。」というアナウンスがあり、途中で列から外れて、前へ進んでいくことにしました。(その時、そのアナウンスを信じて、今日は入れないんだな、と思ってたのに。。。→この記事後半へ続く)

 

「呼吸する球体-下鴨神社

下鴨神社の楼門の中には、光の球体が光の色を変えたり、ゆっくりと呼吸するようなアート空間があります。この球体達が連動した変化、そして、その変化と連動して参道の森も変化していく。それが呼吸していく。。。というような感じかと。

 

僕は、途中で並ばずに進んできたので、柵があり、入れず。そして「入れませんので、ここにたまらず、移動してください。」というアナウンスがまたもあり、球体が点灯したことを確認したら、会場を後にしました。。。なので、手前から撮影だけしてみました。

f:id:chibatomoya:20160819095634j:plain

わかりにくいかもしれないですが、ピンク系の色の球体が見えています。この球体がRGB色変化していきます。家に着いて、ネット検索すると、球体に入れることを知り、球体の体験をされた方の情報を見れたので、まあ、良しとします。(あの、入れませんアナウンス、移動してくださいアナウンス。。あれは一体何だったんだろうか?けっこうあのアナウンスで帰る人多かったです。僕もその一人。。。)←これ、残念なことのひとつ。

現場に行って体験することでわかることって、やっぱりあるなぁと改めて思う。なので、できるだけ何かあれば行こうとしています。ネット画面だけでは把握できないことって、けっこうたくさんありますからね。演出方法、会場構成、運営、導線、人の表情。。。などなど。そういう意味では、良い勉強になったと思います。

 

「呼吸する球体」は、会期初日と、今後は土日のみになります。

(※呼吸する球体は、有料となります。)

下鴨神社は、お昼に行っても、ステキすぎる空間を体験できますよ。

 

開催概要

下鴨神社 糺の森の光の祭

会期:2016.08.17〜08.31

会場:京都府 下鴨神社

参加費:呼吸する球体のみ有料(500円)

開催時間:18:00-21:30

light-festival.team-lab.net

 

また球体にチャレンジしようかな。。。。

僕のイルミネーションとも組み合わせることもあるRGB照明。それについても良い体験したなって思います。イルミネーションについては直接僕にお問い合わせしてもらえれば。