イルミネーションデザイナーの想い | 千葉友也 - 設計・デザイン -

全国のホテルや店舗、商業施設等におけるイルミネーションをメインにデザイン、設計するデザイナーのブログ。

京都在住のイルミネーションデザイナーです。 本ブログは、イルミネーション、デザイン、その他にその時に気になったことを書いていきます。

おうち時間 今見ても面白いおすすめドラマ

Stay Home週間、みなさんいかがお過ごしでしょうか?おうち時間を楽しむコンテンツとして、自分が見てきたドラマや映画などを紹介していこうと思います。

 

33分探偵

2008年放送

先日は、1997年のドラマ「ぼくらの勇気未満都市」をご紹介してましたが、その約10年後に放送されたドラマ「33分探偵」をご紹介します。

未満都市は現在の新型ウイルスの状況とかぶる内容でしたが、今回は探偵もの。しかもコミカルな展開でお子様にも楽しめるネタ満載のドラマです。番組開始早々に犯人がわかってしまうんですよ、このドラマ。そして「この事件、俺が33分もたせてやる」という、放送時間33分間、なんやかんやしてグダグダな展開で時間をもたせてくれるストーリー。当時このグダグダ感が好きで、毎週見てました。

 

主演は、KinKiKidsの堂本剛

たまたまKinKiKidsが続きましたが、当時はドラマにも出演されていた機会も多かったので、続きましたね。他にも水川あさみ高橋克実、戸次重幸、野波麻帆佐藤二朗...なかなか個性のある俳優陣です。

 

主人公の探偵が、最初に犯人がわかってる状況で、思い付きや妄想でへんてこな推理と、それに周りも付き合ってるような、なんというかとにかくおかしい。

「なんやかんやは、なんやかんやです。」とか、開き直るのも通常の探偵ドラマとは違った面白さ。そして、けっこう会話はその場のアドリブでしている場面もあり、堂本剛水川あさみの関西弁での掛け合いとか見てて楽しめます。特に水川あさみの口の悪さの設定もドラマの楽しさを増してくれています。

 

監督・脚本は、「今日から俺は!!」や「銀魂」、「勇者ヨシヒコ」でおなじみの福田雄一。小ネタ満載や、けっこうアドリブで楽しませてくれる監督さんです。

主題歌は、KinKiKids「Secret Code」

挿入歌としても使われてたり、ドラマのテーマに沿った曲ですよ。しっとりした感じではなく、爽快なリズムでかっこいい曲だった記憶があります。

 

こういう時に、懐かしいドラマや笑えるような番組を見て、おうち時間の中で少しでも楽しい時間を過ごせるかもしれないなぁと思い、こちらを紹介してみました。しょうもないコメディがお好きな方、興味を持たれた方は、楽しめると思いますよ。

DVDセットはこちら

 

 

どなたかのStay Homeの一助になれば幸いです。

 

兎に角、

Stay Home

 

イルミネーションも人の心に癒しを与えられる力があると信じています。

いつか終息した時に、イベントやイルミネーションの光で、たくさんのみなさんが心から楽しめるひと時を過ごせますように。

おうち時間 今からを考える

Stay Home

緊急事態宣言前の3月頭ぐらいから、スーパーかコンビニへの買い物以外はほとんど家から出なくなり、家の中での生活が定着しました。そう、国が「Stay Home」と言う前からStay Homeしている。完全なリモートワークとなり、PC環境が整えば成立する職種なんだな、と改めて感じます。

 

もともと、インドア派だったこともあり、新型コロナウイルスが流行する前からそんなに外には出ないタイプ。ただ、「外に出れるけど出ない」と、「外に出てはいけないから出れない」とでは全然メンタル的にも違いますね。散歩ぐらいならしてもいいですよ、と当初は報道もありましたが、今では散歩も控えたほうがいいという報道も出てきています。今までは少し散歩したり、出掛けたりが気分転換になっていましたが、そこが少し崩れてきます。家でいる時間が多くなります。

 

と、いうことは、

時間だけはたっぷりある。

 

自分が今、主にしていることは、DVDやネットで動画、テレビ、音楽、読書、イラスト描き。たまにラフデザインをしてデザインネタを溜めています。イルミネーションでこの形にするとキレイだなーとか、かわいいなーとか。好きな音楽を聴きながら、ライブ映像を流しながらするラフスケッチやイラスト描きは気持ちがいい。好きな音楽で耳で楽しみながら、映像では目から楽しみながら、ラフデザインするには、制約がない分、自由に描けます。

 

今日は安室奈美恵の「BEST FICTION」を聴きながら。

↓おすすめですよ。

 

またブログでは、おすすめな映像や音楽などを紹介していきますが、今回は「今から」を考えることを少し。

 

コロナウイルスからの生活

緊急事態宣言、外出自粛期間が延長されるかもしれない、そんな状況ですが、専門知識がないので、なんとも言えませんが、ネットやテレビ情報だと最短でも半年から2年ほどや、もっと長くかかるといった情報が流れています。今から半年後というと、もう冬。通常ならクリスマスシーズンとなる季節。イルミネーションも多い時期ですよね。ただ、今年はこのご時世でどうなるのか現段階ではなんとも言えません。

 

 

もし、リモートワーク、テレワークが可能な職業は、これが基本の働き方になったり、8時間労働というものすら、時短になるかもしれない。「通勤片道2時間かかるんです。」といった方も、計4時間の通勤がなくなれば、逆に睡眠がしっかりとれて健康的な生活が送れるかもしれない。仕事をする時間を今までの始業時間より調整できることもできるかもしれません。その人にあった生活ができる働き方や、時間や業務の調整がしやすくなると「心」の余裕もうまれ、生活自体がガラリと変わるチャンスかもしれません。子育てや介護、様々なご家庭の事情がある方々も、今までと違ったサービスがうまれてきて、少しはその部分では負担が減る可能性も。

 

仮説ばかりで申し訳ないですが、この状況でどうするのが今の自分たちにベストかを考えたり、今までの「当たり前」を少し見直す良い機会なのかな、と思っています。仕事的な面を書いてきましたが、そもそも「心」の面から考え方や行動は変わるのかな、と思います。

 

今、みなさんがどうなってほしいといいますと、

 

「早く新型コロナウイルス終息してストレスが減る生活がしたい」

 

大体のみなさんは、そう思っているのかなと思います。ただし、バラバラに考えたり自分勝手に動いてしまうと、終息するにもさらに時間がかかるかもしれません。ストレスがたまり、イライラする人も増え、残念な事態を招く恐れも出てきます。

 

そんな状況にならないためにも、みなさんの「優しい心」「愛情」が大切かと思っています。

 

例えば、デザインにも愛情は存在します。みなさんのデスク、高さは大体70~72cmではないですか?それって先人達が築きあげてきた「人に優しいサイズ」なのです。現代にも当たり前のように人の座ったときにストレスの少ないサイズへと落とし込まれている「愛情」なのだととらえると、みなさんいかがですか?

 

当時は見えなかった「人に優しいサイズ」を先人達が築きあげたように、この新型コロナウイルスも、「今」を生きる人たちが懸命に対策や予防、治療の研究をすすめておられます。

 

ウイルスだからといって、それは医療関係の方々だけではなく、自分たちが普段からできることって何だろう?から、もうみなさんで動かれていますよね。例えば、スーパーで透明ビニールシートがレジに設置されたり、様々なお店でも今までよりも消毒をしたり、工夫されてますよね。それもお客様に、スタッフの方に、周りの方々への「優しい心」からの行動だと思います。

 

自分だけ良ければいいという考えではなく、優しい心を持ち、自分に何か些細なことでもできることで周りのみなさんと助け合いながら、今を受け入れて生きていくと、きっと乗り越えて新しい生活スタイルが見えてくるのかな、と思っています。

 

とまあ、たっぷり時間があるので、自分なりに考えておりました。

あと、時間がある、家にいる時間が多くなり、自炊をよくすることが多くなりました。今まではついついお惣菜を買って帰ることが多かったんですが、塩分や水分、諸々の知識を得ながら、自分なりに料理しています。最近よくレシピを参考にしているのは、山本ゆりさんのレシピ本。

 

イルミネーションも人の心に癒しを与えられる力があると信じています。

 

 

おうち時間 今見ても面白いおすすめドラマ

クリスマスツリー,KinKiKids,illumination,イルミネーション,イルミネーションデザイナー,design,designer


Stay Home中、おうち時間を楽しむコンテンツとして、自分が今まで見てきたドラマや映画の中から、今見ても面白い映像をおすすめしていこうと思います。

今回は、今まさに現在世界中の似たような状況の作品をご紹介します。

 

「ぼくらの勇気 未満都市」(ぼくらのゆうき みまんシティ)

1997年放送

 

千葉県の臨海地区幕原で地震があったというニュースを聞き、その場所へヤマトとタケルが向かうところから物語は始まります。だが、実際は地震は政府による情報操作で、実際には微生物「T幕原型ウイルス」に汚染されたバイオハザードが発生。ウイルスによって大人たちが死に絶え、子供たちだけが残ってしまった。感染拡大をふせぐために街全体が封鎖され、様々な事件を乗り越えながら、大人の不在によって治安が悪化した子供たちの世界に秩序を築いていく...。

 

有効な治療方法もまだ確立されておらず、新ウイルス...似たようなシチュエーションの内容となっており、今年に新型コロナの件がニュースで知るようになったとき、すぐに思い出したドラマでした。

 

このドラマの面白さは、隔離された子供たち対政府(大人たち)との駆け引き、謎が徐々にわかってくるストーリー展開、漫才のようなヤマトとタケルの掛け合い、恋、そして仲間の死、色々とてんこ盛りの設定。そして政府との戦いのリミットはクリスマスの午前0時という設定。

 

その時の映像で、クリスマスツリーが流れていたのが自分的にはよく覚えてます。そのときからクリスマスやイルミネーションに、もしかしたら導かれていたんでしょうかね。。。

 

このドラマのストーリー、ちょっと今の状況と似てませんか?

できれば、クリスマスより前に終息してもらいたいですが、見えないウイルスとの闘い、先が見えない不安な状況。

 

そして、このドラマのキャッチコピーは、

「ぜんぶ、なくなった。みんな、きがついた。やっと、きがついた。」

 

ここ近年、コンビニからネットのショッピング、SNS、様々な便利なツールが増え、それが当たり前になり、慣れてしまい、機械化されたような日々。。。この機会では職を失う、命を失う、色々となくなることが出てきたときに、人は人の素晴らしさ、助け合いや仲間、決して失ってはいけないものを改めて見つめなおし、気付く。そしてまた勇気を持って前に進んでいく。そんなことを自分なりにキャッチコピーから感じとりました。

(※個人的な感想です。)

 

懐かしい。。リアルタイムで見ていたドラマですが、また大人になり改めて見ると色々とまた違った意味で凄いドラマだな、と思います。

 

演出は堤幸彦氏。

ケイゾク、トリック、20世紀少年BECK池袋ウエストゲートパーク...etc

もうここでは書ききれないくらいヒット作品を作る堤さん。未満都市でも、超細かな演出もされていたり、そういう部分でも楽しめます。

 

主演は、KinKiKidsの堂本剛堂本光一

主題歌は「愛されるより愛したい」

主題歌は当時、ドラマにもマッチしており、ミリオンセラーを記録。今も音楽特番になると流れたりしますが、このドラマで聴くこの曲はとてもなんだか心に入ってきますね。そしてKinKiKidsの代表作となっていますね。また、ドラマの配役で、正義感あふれるリーダー気質のタケル(光一)と世話女房的なヤマト(剛)もKinKiKidsの関係性を感じさせてくれます。

 

 

このドラマは、20年後にもスペシャル版として放送がありました。こちらもまた後日、紹介できればと思います。

 

どなたかのStay Homeの一助になれば幸いです。

 

兎に角、

Stay Home

 

 

イルミネーションも人の心に癒しを与えられる力があると信じています。

おうち時間 家で読むオススメ本

とにかくStay Homeで今は家の中でなにかをして楽しむ時間を作ることも必要になっていますね。「家で楽しむコンテンツ」を自分目線でまとめてみました。

 

ネットサーフィン、動画、SNS、音楽、読書、マンガ、ゲーム...etc

人それぞれで色々な時間の過ごし方がありますよね。今回は本に絞り、少しだけですが紹介します。自分自身が「楽しい」「面白い」「スッキリしたー」という気持ちになる方法を選ぶためのお役に立てれば幸いです。

 

 

ゴールデンスランバー

伊坂幸太郎による小説作品。首相が暗殺され、犯人が俺だと報道されている。。なぜ?俺はやってない。。。追手集団からの孤独な逃走。運命を握る古い記憶の断片、ビートルズのメロディ。スリル満点でビートルズの音楽にも触れられる作品。

映画化もされています。

ビートルズといれば、これ。

 

告白

湊かなえ作品。デビュー作。わが子を校内で亡くした中学教師によるホームルームでの告白から始まる。。。読み始めた瞬間、これは正解だと思いました。話としては単純な内容ではありますが、圧倒的な文章力。すらすらと読めます。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々に変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていきます。デビュー作にして第六回本屋大賞受賞のベストセラーを記録。

映画化もされています。松たか子の演技は圧巻です。。

映画では、様々な音楽が流れています。サントラもぜひチェックを。

 

阪急電車

有川浩の作品。阪急今津線は、兵庫県にある阪急宝塚駅から今津駅を結ぶ路線で、その中の宝塚駅から西宮北口駅までの8駅を舞台とした、その乗客のエピソードを16話でまとめてあります。乗客の恋のはじまり、別れ、様々な人生が交差し、奇跡の連続。読んでいて、ほっこりキュンとする作品です。

こちらも映画化されています。中谷美紀さん主演。とてもほっこりしました。

 

少し前にはなる本や映画ですが、今でも読み返したり映画を見返したりする作品たちです。どなたかのStay Homeの一助になれれば、幸いです。

 

せっかくなので、過去イルミネーション記事も。

 

chibatomoya.hatenablog.com

 

 兎に角、

Stay Home

京都伏見のパワースポット、御香宮神社

 

京都,kyoto,御香宮神社,伏見

京都伏見のパワースポット、御香宮神社

京都の伏見は、酒処として有名です。その地域に「御香宮神社」があります。その昔、ここで大変よい香りがする水が湧き、この水を飲むと病が治るということで御香宮という名がつき、豊臣秀吉伏見城の鬼門除けとして信仰したことで有名な場所です。こちらの神社は、安産の杜だそうです。

 

名水百選「御香水」

名水百選に選ばれた「御香水」は、霊水として、茶道、書道用に持ち帰る人もいるそうです。また、伏見七名水としてもよく知られてるそうです。

 

小堀遠州ゆかりの石庭

こちらには、小堀遠州が伏見奉行を命じられたとき、奉行所内に作った庭園の石を戦後に移して作ったそうです。小堀遠州は、学生時代の建築アイデアコンペのテーマとして初めて知り、少しですが書物を読んだことがあります。当時の講師と別々で応募することになったのですが、遠州ゆかりのある大徳寺にも一緒に連れて行ってくれたり、夏休みフルに使って手書き図面や模型、プレゼンボードを作ったり...楽しかったなぁ。結果は講師が賞を受賞、僕は落選。一番近くに一番すごい人がいました。のちに遠州の華道とも出会うことになり、小堀遠州とは何かしらご縁があるのかな?と勝手に思っていますw

 

御朱印

御朱印、オリジナル御朱印長もあります。今回は御朱印はいただかず。季節ごとの御朱印もあるそうですよ。

 

厄除け

なぜ、今回御香宮神社に訪れたかというと、今年が前厄にあたり、御香宮神社へ厄除けに行ってきたのです。受付で申し込み書類を記入し、少し拝殿のベンチで待ちます。申込者は僕ひとり。ひとりだけで厄除けご祈祷してもらいました。平日に行ったので、スムーズだったと思います。逆に他に訪れた人もいてたので、一人で緊張してしまいましたが。

ご祈祷の受付時間は朝9時~16時までです。

 

アクセス

アクセスは、近鉄京都線桃山御陵前駅」、京阪電車伏見桃山駅JR奈良線桃山駅」徒歩5分。

駅から近いっていいですよね。近鉄桃山御陵前駅降りたらすぐに鳥居あります。

 

御香宮神社まとめ

とてもゆったり静かな落ち着く神社です。ゆったり過ごしたい方にはオススメです。近くには大手筋商店街があり、美味しい食べ物屋さんもあり、伏見をゆっくり観光するにはオススメの場所です。

 

さいごに

デザインのことでも何かを考えるとき、散歩したり何か全然違うことするときにも何か頭の中に浮かんだりするものですよね。静かな場所で心を落ち着かせること、自分が何か無になる場所や出来事、あまりにも生産性向上や効率だけを求められて追われてる状態ではアイデアも浮かびにくく楽しめなくなってくるので、少し落ち着く時間、場所も必要だな、と思います。

 

https://www.instagram.com/p/B9gYNIIpZeP/

https://www.instagram.com/p/B9gYFISpL73/