イルミネーションデザイナーの想い|千葉友也

京都を拠点にイルミネーションをデザインするデザイナーのブログ。

地域活性化プロジェクト私案「京都版電子地域通貨」(仮)

kyoto,京都,平安神宮

以前に一時期、地域通貨が流行していたことを思い出し、このご時世で観光の機会も少なく京都市も将来的に財政破綻する可能性があると言われている中、地域活性化プロジェクトとして今一度地域通貨についての私案を考えてみる。


地域活性化プロジェクト私案「京都版電子地域通貨」(仮)

2020年から世界的な疫病の影響により外出する機会が減る世の中になり、飲食業や観光業、様々な業界でダメージが広がるようになりました。
人々は外出を控え、イベントの開催中止&延期、旅行を控え、飲食店に足を運ぶ機会も少なくなり、あまり楽しくない話題が続くところに、先日、近い将来に京都市財政破綻してしまうんじゃないかというニュース。
京都に住む民としては、少し今から何か地域の明るい可能性をと思い、私案を考えてみることにしました。

(※この記事に書いている内容は、あくまで個人の私案です。)


今回、自分が個人的に注目してみたのが、電子通貨(マネー)です。
今は、様々な「~pay」や「~コイン」があります。有名なところでは、「paypay」や「楽天Edy」でしょうか。

年賀状,年賀状デザイン,スモールグラフィック




地域通貨とは
地域通貨とは、特定地域やコミュニティ内で、モノやサービスとの交換のために使える通貨です。日本では1990年代後半から注目され始め、多くの自治体が地域活性化のために独自の通貨を導入してきました。
地域通貨といっても、厳密には「通貨」ではありません。「お金」は、日本銀行が発行している法定通貨というものになります。
一方で地域通貨の発行元は、地域の企業や団体、自治体行政などです。地域通貨には、保存・貯蓄機能はほぼ備わっていないもので、あくまでも、地域活性化のために使われることを前提とした、地域ポイントや割引券などという通貨(のようなもの)となります。

|電子地域通貨の目的とメリット
今回の私案、京都版電子地域通貨の目的は、下記です。

・地域経済の活性化

地域内で使用できる通貨の流通量が増えれば、その地域の活性化につながるのではないか。そう考え、京都には京都に関連するモノやサービスに使用できる独自の通貨を作ることを思いつきました。
京都版電子地域通貨として、コンビニATM等でチャージでき、京都に旅行に来られた方々や住んでいる地域の方々が、京都府内にあるお店や施設でのモノやサービスに利用できるといったものです。
また、この京都版電子地域通貨を利用すると、ポイントが還元されて通貨に加算されたり、旅行や出張から帰った後でも通貨は持ち続けることもでき、京都版電子地域通貨の専用サイトで、そこでのみの「特別な」京都のモノやサービスのショッピングに利用できる。
このような京都の中でも外でも、京都の地域経済の活性化につながるのが今回の私案の目的です。

|問題点・課題
やはり、ここまでやろうとすると、この地域通貨を作り、運営・管理していく時間や手間、コストがかかります。
最初に盛り上がったとしても、継続的に続けていけるかの懸念点もある。
また、実際に進めようとすると、法律的なこともクリアしていく必要があり、これも大きな問題点・課題になるでしょう。

しかし、デジタル化が進んだ今、スマートフォンやインターネット、キャッシュレス決済の広がりによって、手間やコストが減らせれるところも出てきたのではないか。京都にも、導入することを検討する段階に入ってきてるかもしれないと思います。

|今後と可能性
近年、キャッシュレス決済が日常的になり、電子地域通貨の導入もできる環境が整ってきていると思います。地域活性化は日本や地域の常の課題。今回は電子通貨をひとつの案として考えてみましたが、今後どのような地域経済の活性化につながるサービスが登場するのか注目してみたいと思います。

この度は、当記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

LIBRE DESIGN KYOTO

www.libre-kyoto.com

地域活性化のデザインとマネジメント

SDGsの実践

 

年賀状, ストックイラスト, イラスト販売, ベクター素材,

 

新型コロナワクチン接種2回目

京都,kyoto,ワクチン,コロナ,コロナワクチン,



コロナワクチン予防接種2回目

 こんにちは。みなさんお元気でいらっしゃいますか?先日、2回目のワクチン接種をしてきました。その時の個人的な状況や感想を、今後接種される方々の参考になればと思い、記事にまとめました。よろしければ最後までお読みください。

コロナ禍の中、たくさんの人が不安の毎日を過ごしている現在、ワクチン接種が各自治体や職域接種等で行われています。自分は基礎疾患があり、感染した場合に重症になる可能性が高いため、未然に防ぐために主治医と相談して今回ワクチン接種を受けることに決めました。ワクチンについての考え方は様々ですし、副反応の不安もある中で、決めるのは大変かと思いますが、受ける受けないは最終的には個人の判断になりますので、ご自身の病状や体調面など医師に確認するなどしてから、お決めくださいね。

f:id:chibatomoya:20211205181339j:plain




今回は2回目。

1回目を経験してるので、変に緊張することなく受けてきました。

 

普段通う病院ではワクチン対応していないため、事前に医師に確認した後に住んでる地域の総合病院の個別接種です。1回目を予約した際に、自動的に2回目の接種日を指定してもらえてたので、今回は予約作業はしなくても大丈夫でした。
今回も問診票の記入は必要になりますので、あらかじめ事前に問診票を記入して準備しておいてください。当日は受付テーブルで予約券と問診票を渡し、本人確認してもらうのみになるので、接種までがスムーズになります。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、接種会場まで移動の際は、政府及びお住まいの都道府県の要請をご確認ください。会場の行き帰りの際は、マスクの着用・手指のアルコール消毒など、感染拡大防止の徹底にご協力をお願いします。日々、状況は変化してますので、事前に最新情報をご確認ください。

⇒京都府ホームページはこちらになります。

 
準備するものは、

・予約券

・問診票

・本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)

お薬手帳

座ってすぐに医師の問診票を見ながら、持病と薬の確認。お薬の種類を確認されますので、細かく説明が自分では難しいなと思われる方は、お薬手帳を持っていかれたほうがよろしいかと思います。

すぐに注射打つ担当の方がまわってこられ、アルコール消毒がかぶれないかの確認後、注射を腕に打ってもらいます。そしてそのまま15分待機の指示。待機中に、予約券に接種のシール等事務手続きするスタッフの方がまわってこられて、手続きしてもらった予約券を受け取ります。行った会場では最初に座った椅子でずっと座ったままで終わるシステムでしたので、接種する人の負担があまりなく、分業で流れ作業がとてもスムーズでした。

<接種後の副反応>

2回目の副反応はキツイとか、そんなたいしたことないとか色々な情報がありますよね。実際に副反応は個人差が激しいというのはあるようです。自分の場合は、打った部分にだんだん鈍痛が出てくるのと、倦怠感、
発熱です。今回は、最大38.7度まであがりました。
微熱が出ると、解熱剤を飲み、体を休めて過ごし、2、3日後には何もない状態に戻りました。熱が出てる時は倦怠感もあったので、冷凍食品やお弁当に頼って食事をとるようにして過ごしました。
※副反応は個人差がありますので、これはあくまで自分の場合です。

<あらかじめ準備しておいていいもの>
・スポーツドリンク
・解熱剤(カロナール等)
・冷えピタ
・冷凍食や簡単に調理して食べれる食材
等は念のため準備されることをオススメします。
自分も準備していて、副反応が出たので対応できました。

 

先日、東京オリンピックが終わりましたが、京都はまん延防止等重点措置等が8月2日から8月31日まで、要請されてます。デルタ株やラムダ株のこともある中、普段からマスクの着用、アルコール消毒、手洗いうがい、ソーシャルディスタンスなど感染予防対策は引き続き続けていきましょう。

早く落ち着きますように。

f:id:chibatomoya:20211205181339j:plain




この度は当記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


イルミネーションやデザインについて、お気軽にお問い合わせください。
SNSのフォローもよろしくお願いいたします。
千葉友也(CHIBA TOMOYA)
イルミネーションデザイナー

京都芸術デザイン専門学校スペースデザインコース卒業。第一期生としてスペースデザインを専攻し、建築やインテリア、空間デザインについて学び、在学中にデザインチーム「OOPS」を結成。京町家 繭(まゆ)内の学校外施設の設計デザインを手掛ける。(現在は閉店)
近年では、京都を拠点に全国各地の商業施設で企画されるイルミネーションのデザインに携わり、光の演出やモチーフ、様々なマテリアルを用いるデザインや、企業などのロゴマークなどのグラフィックデザインを行う。

【Twiiter】@Chiba_Tomoya
Instagram@chibatomoya
※各SNSのフォローもよろしくお願いいたします。
 
 

新型コロナワクチン予防接種1回目

京都,kyoto,ワクチン,コロナ,コロナワクチン,



コロナワクチン予防接種1回目

 コロナ禍の中、たくさんの人が不安の毎日を過ごしている現在、ワクチン接種が各自治体や職域接種等で行われています。ワクチンについての考え方は様々ですし、受ける受けないは最終的には個人の判断になりますので、ご自身の病状や体調面など医師に確認するなどしてから、お決めください。

先日、1回目のワクチン接種をしてきました。

今回は64歳以下の基礎疾患を有するので、予約&接種となります。

 

普段通う病院ではワクチン対応していないため、事前に医師に確認した後に住んでる地域の総合病院の個別接種で予約しました。
あらかじめ事前に問診票を記入してましたので、当日は受付テーブルで予約券と問診票を渡し、本人確認してもらい、スムーズに着席。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、接種会場まで移動の際は、政府及びお住まいの都道府県と京都府の要請をご確認ください。会場の行き帰りの際は、マスクの着用・手指のアルコール消毒など、感染拡大防止の徹底にご協力をお願いします。日々、状況は変化してますので、事前に最新情報をご確認ください。

⇒京都府ホームページはこちらになります。

 
いよいよ、です。かなりドキドキ。

座ってすぐに医師の問診票を見ながら、持病と薬の確認。「血液をサラサラにするお薬飲んでませんか?」のみ質問されました。念のため、お薬手帳を持っていかれたほうがよろしいかと思います。

医師の方が最後に、
「今日はがんばりましょうね。」
という一言かけてくれたのが、なんだか緊張を少し和らげてくれました。

こういう声かけってほっとしますね。

すぐに別の方がまわってこられ、アルコール消毒がかぶれないかの確認後、すぐに注射を腕に打ってもらいました。その後、予約券の1回目接種のシール等事務手続きするスタッフの方がまわってこられて、15分待機の指示。行った会場では最初に座った椅子でずっと座ったままで終わるシステムです。分業で流れ作業がとてもスムーズでした。

<接種後の副反応>

打ったところがだんだん鈍痛が出てきて、腕が種だるくなりました。
数時間すると微熱が出始め、夜寝る前は38度まであがりました。

解熱剤を飲み、次の日から徐々に痛みも熱も下がりはじめて落ち着いていきました。3日後には何もない状態でした。
※副反応は個人差がありますので、これはあくまで自分の場合です。

あらかじめ、スポーツドリンク、解熱剤、冷えピタ等は念のため準備されることをオススメします。
自分も準備していて、副反応が出たので対応できました。

 

ワクチン2回目も確保されてるようですので、その日にまた接種してくる予定です。
京都はまんえい防止も解除され、人の動きはありますが、引き続き感染予防対策は続けていきましょう。

早く落ち着きますように。

この度は当記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


イルミネーションやデザインについて、お気軽にお問い合わせください。
SNSのフォローもよろしくお願いいたします。
千葉友也(CHIBA TOMOYA)
イルミネーションデザイナー

京都芸術デザイン専門学校スペースデザインコース卒業。第一期生としてスペースデザインを専攻し、建築やインテリア、空間デザインについて学び、在学中にデザインチーム「OOPS」を結成。京町家 繭(まゆ)内の学校外施設の設計デザインを手掛ける。(現在は閉店)
近年では、京都を拠点に全国各地の商業施設で企画されるイルミネーションのデザインに携わり、光の演出やモチーフ、様々なマテリアルを用いるデザインや、企業などのロゴマークなどのグラフィックデザインを行う。

【Twiiter】@Chiba_Tomoya
Instagram@chibatomoya
※各SNSのフォローもよろしくお願いいたします。
 

新型コロナワクチン【予防接種券が届いて予約まで】

京都,kyoto,イルミネーション



コロナワクチン予防接種

 コロナ禍の中、たくさんの人が不安の毎日を過ごしている現在、ワクチン接種を政府の大号令のもと、自治体や職域接種等で行われはじめています。ワクチンについての考え方は様々ですし、受ける受けないは最終的には個人の判断を尊重するものかと思います。ご自身の病状や体調面など医師に確認するなどして、お決めください。先日、僕が住む自治体から「新型コロナウイルスワクチン接種のご案内」という封筒が届きました。接種券です。自分の住む地区は、医療従事者、高齢者、施設等の高齢者等からはじまり、年齢ごとに区切って接種券を郵送してくれています。

今回は64歳以下のワクチン接種の案内が届いてます。案内には「医療機関の混乱を避けるため、接種方法や予約方法に関するお知らせを年齢の高い方から順に後日お送りします。」と書かれており、予約まではできない状態。しかし、WEBサイトに調べにいくと、この日から予約開始と案内が出ていたので、基礎疾患のある身としては、今回は早めに受けたほうがいいと思い、WEBから予約しました。

 

サイトでは予約フォームにて情報を記入していきます。接種券に書いてある番号や基本情報を記入すると、すんなり会場や日程の選択画面に進めれます。記入項目をすべて記入して送信すると、自動返信で記入したメールアドレスに予約ができたというメールが届きます。これで予約は完了です。
次に、地域紙にある、または自治体サイト内にある問診票をあらかじめ記入しておくと当日スムーズに進めれるかと思います。当日までは体調を整え、ワクチン接種での発熱などは心配ですので、自分の体にあった解熱剤を用意したほうがいいです。また、問診票を当日の医師にも見てもらい、最終的に医師の判断にしたがってください。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、接種会場まで移動の際は、政府及びお住まいの都道府県と京都府の要請をご確認ください。会場の行き帰りの際は、マスクの着用・手指のアルコール消毒など、感染拡大防止の徹底にご協力をお願いします。日々、状況は変化してますので、事前に最新情報をご確認ください。

⇒京都府ホームページはこちらになります。

 
これまでが接種券が届き、予約するまでの流れとなります。参考までと思い、記事を書いてみました。

この記事を書いている時点では、東京・沖縄は8月22日まで緊急事態宣言となり、まんえい防止は、埼玉、千葉、神奈川、大阪が延長。オリンピック、パラリンピックも無観客にする等詳細が決まり、開催されるようです。人の動きはあるかと思いますが、引き続き感染予防対策は続けていくことは必要かと思います。

早く落ち着きますように。

この度は当記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。


イルミネーションやデザインについて、お気軽にお問い合わせください。
SNSのフォローもよろしくお願いいたします。

千葉友也(CHIBA TOMOYA)
イルミネーションデザイナー

京都芸術デザイン専門学校スペースデザインコース卒業。第一期生としてスペースデザインを専攻し、建築やインテリア、空間デザインについて学び、在学中にデザインチーム「OOPS」を結成。京町家 繭(まゆ)内の学校外施設の設計デザインを手掛ける。(現在は閉店)
近年では、京都を拠点に全国各地の商業施設で企画されるイルミネーションのデザインに携わり、光の演出やモチーフ、様々なマテリアルを用いるデザインや、企業などのロゴマークなどのグラフィックデザインを行う。

【Twiiter】@Chiba_Tomoya
Instagram】@chibatomoya
※各SNSのフォローもよろしくお願いいたします。
 

いつかゆっくり観光旅行に行きたい!京都・伏見稲荷大社への行き方やまとめ

伏見稲荷,京都,kyoto,fushimiinari,travel

京都・伏見稲荷大社

 日本人にとって、もっとも身近な神社といえるのが「お稲荷さん」とも称される稲荷神社。全国に3万社あるともいわれ、日本全土で老若男女問わず、親しまれています。その総本宮が、京都の伏見稲荷大社です。先日、久しぶりにお参りしてきました。

 

伏見稲荷大社は、1300年にわたり、人々の信仰を集め、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神様として崇められてきました。近年では国内観光の方々のみならず、海外からの参拝者・観光客が多く訪れるようになり、京都、そして日本を代表する名所として世界にその名を知られるようになっています。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、京都旅行の際は、政府及びお住まいの都道府県と京都府の要請をご確認ください。京都にお越しの際は、マスクの着用・手指のアルコール消毒など、感染拡大防止の徹底にご協力をお願いします。日々、状況は変化してますので、事前に最新情報をご確認ください。

⇒京都府ホームページはこちらになります。

 

f:id:chibatomoya:20211205181339j:plain




 「お稲荷さん」ときつねの関係

お稲荷さんといえば、白い狐がよく目にしますが、それは「稲荷大神様」のお使いがきつねとされているからです。山にいるような狐ではなく、我々には見えない白(透明)狐=”びゃっこさん”であるからとされてるそうです。(白い狐については、この記事に後程また出てきます。)


伏見稲荷,京都,kyoto,fushimiinari,白狐

写真で見ても、朱色がとてもキレイですよね。

なぜ、朱色なのでしょうか?

⇒それは、朱色は、魔力に対抗する色ともされているからです。他にも様々な神社仏閣によく用いられています。朱の原材料は、水銀=丹です。昔から木材の防腐剤として使われてきているそうです。

朱色の鳥居といえば、千本鳥居をよくイメージされます。それほど、あかい色や伏見稲荷という場所が深く人々の心に染み入っているんかな、と思います。赤、朱色は、明るい希望の意味もあり、そういう意味もある鳥居が続く伏見稲荷の千本鳥居は、一度は訪れてみたいと思える場所のひとつですね。

伏見稲荷,京都,kyoto,fushimiinari,観光


アクセス方法

さて、今回の移動は京阪本線を利用しましたので、そちらをご紹介します。今回は京都市内から大阪方面へ移動する京阪本線に乗り、伏見稲荷駅で下車しました。駅のホームは、伏見稲荷を訪れる人々を白い狐や連想させる造りでお出迎えしてくれます。

伏見稲荷,京都,kyoto,fushimiinari,京阪まるで鳥居のような駅ホーム

伏見稲荷,京都,kyoto,fushimiinari,京阪電車

白い狐がお出迎えしてくれます。(コンコン♪)
(先ほど書いていた白い狐、出てきましたよ!)
「ふしみいなり」と平仮名で書いてくれるサインも、優しい心遣いですね。

伏見稲荷,京都,kyoto,サイン,京阪電車改札を出ると、漢字で「伏見稲荷

ここから東へ徒歩移動です。駅には案内も設置されています。
色々なお店が並んでいる道を歩いていくと、すぐに到着です。
道中には、川を渡ります。今回、桜の季節でしたので、ちょうど桜も咲いてるところを見ることができました。桜やお花を見ると癒されますね。

伏見稲荷,京都,kyoto,桜,伏見道中に桜が見れたり、季節ごとに訪れる楽しみもありますね。

 




今回は、久しぶりにお参りして、改めて素敵な場所だと思ったこと、今、コロナ禍で旅行に行きづらい状況の中で少しでも京都や伏見稲荷について知ってもらったり、いつかもう少し気軽に旅行に行ける時の旅の参考になればと思って記事を書いてみました。
緊急事態宣言があけ、コロナ禍も落ち着いてきた時には、またお参りしようと思います。みなさんも伏見稲荷大社へお参りの際は、ぜひ記事を参考にしてくださいね。

この度は当記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。

伏見稲荷大社
【住所】
京都市伏見区深草藪乃内町68

【電話】
075-641-7331
【アクセス】
市バス:南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分
電車:JR奈良線 稲荷駅下車すぐ(京都駅より5分・2駅目)、京阪本線 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩5分
自動車:名神高速道路 南インターから約20分
※周辺は、大変混雑します。ご参拝は公共交通機関をご利用ください。
※掲載内容は、2021年4月27日時点のものです。最新情報はご確認ください。
 

イルミネーションやデザインについて、お気軽にお問い合わせください。
SNSのフォローもよろしくお願いいたします。

千葉友也(CHIBA TOMOYA)
イルミネーションデザイナー

京都芸術デザイン専門学校スペースデザインコース卒業。第一期生としてスペースデザインを専攻し、建築やインテリア、空間デザインについて学び、在学中にデザインチーム「OOPS」を結成。京町家 繭(まゆ)内の学校外施設の設計デザインを手掛ける。(現在は閉店)
近年では、京都を拠点に全国各地の商業施設で企画されるイルミネーションのデザインに携わり、光の演出やモチーフ、様々なマテリアルを用いるデザインや、企業などのロゴマークなどのグラフィックデザインを行う。

【Twiiter】@Chiba_Tomoya
Instagram】@chibatomoya
※各SNSのフォローもよろしくお願いいたします。