読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イルミネーションデザイナーの想い | 千葉友也 - 設計・デザイン -

京都を拠点にするイルミネーションデザイナー千葉友也のブログです。全国のホテルや店舗、商業施設等におけるイルミネーションをメインにデザイン、企画設計。装飾照明、空間設計(ディスプレイ、展示会イベントブース、インテリア)、グラフィック、WEB等。

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

f:id:chibatomoya:20160624121316j:plain

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

イギリスを代表するデザイナー、ポール・スミスユニークな世界観とファッションだけにとどまらない多彩なクリエイションの軌道にせまる展覧会。世界のトップファッションブランドとして地位を確立した彼のキャリアを振り返り、クリエーション、インスピレーション、コラボレーションなどが展示されています。

 

今回は、京都から開催スタートということで、早速行ってきました。ポール・スミスが好きな方には、たまらない展覧会になってるんではないでしょうか。僕自身は、好きだけど、あまり身に付けてはないので、展覧会の会場構成、企画、その他諸々をポールスミスの軌道をたどって、勉強しに行ってきたような感じです。

f:id:chibatomoya:20160624121624j:plain

デザインスタジオを再現したコーナー。ここでは、ブランドのアイコン的な、ストライプ柄もここで生み出されており、クリエーションの裏側を見ることができる空間です。まあ、僕のデスクの散らかり様は、お見せできませんが。。。

 

f:id:chibatomoya:20160624123950j:plain

数々のコラボレーションアイテムも多く展示。エビアンのこのボトルがかわいい。

f:id:chibatomoya:20160624124058j:plain

これがストライプ柄が施されたローバー社のミニ。本展で世界初公開となります。こんなストライプ柄の車が街に走ってると、けっこう印象強く残りますよね。

f:id:chibatomoya:20160624124243j:plain

奥様へのコメント。ステキやなぁとひとりで立ち止まったコメント。

「ポールの頭の中」「ポールのアートウォール」でも、ひとりでずーっと見て楽しめるコーナーでした。企画も、現代にもしっかり対応された構成になっており、おそらく今後しばらくは、このような展覧会方式が色々なところで開催されていくんだろうなぁと思います。

 

ポール・スミス展は、京都から、東京、名古屋と巡回していきます。

詳細は、下記になりますので、ぜひ行ってみてください。

 

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

【開催概要】
ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH
京都国立近代美術館
会期:2016年6月4日(土)~7月18日(月・祝)
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL:075-761-4111
■上野の森美術館
会期:2016年7月27日(水)~8月23日(火)
住所:東京都台東区上野公園1-2
TEL:03-3833-4191
松坂屋美術館
会期:2016年9月11日(日)~10月16日(日)
住所:愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋本店南館7階
TEL:052-264-3611

 

paulsmith2016.jp