読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イルミネーションデザイナーの想い | 千葉友也 - 設計・デザイン -

京都を拠点にするイルミネーションデザイナー千葉友也のブログです。全国のホテルや店舗、商業施設等におけるイルミネーションをメインにデザイン、企画設計。装飾照明、空間設計(ディスプレイ、展示会イベントブース、インテリア)、グラフィック、WEB等。

Design Week Kyoto ゐゑ 2016(デザインウィーク京都2016)

f:id:chibatomoya:20160301085315j:plain

先日、開催された「Design Week Kyoto 2016」に行ってきました。京都で培われてきた技術を1週間の間、約100カ所の場所で展示されたりする京都の街全体で行われている大きなイベントです。

 

まず最初に訪れたのは、真宗佛光寺派長性院で行われた京都若手作家展「Power of Gold」。上の写真が入口でお出迎えしてくれています。会場内に入ると、金箔等を使った迫力のある作品たちが並び、ひとつひとつが丁寧に創り上げていくことが、わかりました。それぞれの作品に圧倒されたような気がします。

 

次に、「艶と龍・怪」をテーマに、切り絵作家の望月めぐみ、膠絵の福元なおんど、つちといしで描く福井安紀、個性豊かな3人の表現者が自分の限界を超えて未知の世界にチャレンジするライブイベント付き三人展に行ってきました。

f:id:chibatomoya:20160301085324j:plain

この写真は、切り絵作家望月めぐみさんの作品たちです。今、細見美術館で開催中の「春画展」を意識した「今の春画」という作品も展示されていました。

ちょうど会場に行った時には、望月さんが、福元なおんどさんが描いた絵を切り絵にするというライブイベントをされている時で、実際に切り絵をするところを初めて見た僕は、その迫力と、迷いのないカッティングが、すごいなぁと思いました。手前の絵と、カットした後ろの白紙の切り絵の表情が、全く異なり、ひとつの絵でふたつの表情になる瞬間を目にする事ができたのは、本当に貴重な体験でした。

 

2会場を、ゆっくりと見てまわり、それぞれの作家さんの作品に対しての強い想いや技術等に触れて、良い刺激を受けた1日でありました。

 

2会場共に、偶然にお知り合いにお会いし、良い驚きのある日で、「すべては偶然ではなく必然」ということなのかな?と思ってみたり。

 

切り絵作家・望月めぐみオフィシャルサイト

www.mochime.com