読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イルミネーションデザイナーの想い | 千葉友也 - 設計・デザイン -

京都を拠点にするイルミネーションデザイナー千葉友也のブログです。全国のホテルや店舗、商業施設等におけるイルミネーションをメインにデザイン、企画設計。装飾照明、空間設計(ディスプレイ、展示会イベントブース、インテリア)、グラフィック、WEB等。

イルミネーション・トンネルの先には・・・

design ILLUMINATION イルミネーション デザイン デザイナー Christmas クリスマス

f:id:chibatomoya:20160127150021j:plain

トンネル(回廊)

 

トンネルってなんだかワクワクしませんか?なんだか、出口に行った時、何があるんだろう?って。

 

車で移動中にトンネルがあったり、電車でトンネルがあったり。幅に比べて、ずーっと長いのがトンネル。

 

トンネルは、古くから世界中に作られてきました。日本でもけっこう多くトンネルはあるそうです。そんな日本でもよく見かけるトンネルは、イルミネーションでもよくご要望が多くありますし、実際、各地でイルミネーションの様々なトンネルを見かけます。

 

写真は、とある場所にあるイルミネーションのトンネルです。色は、ゴールド色。シンプルにゴールド色でトンネルを作っています。これがある場所は、このトンネルがスタート地点に設置することで、「次はどんなイルミネーションがあるんだろう?」「どんなイルミネーションスポットだろう?」って、このトンネルを歩いている間に、ワクワク感がどんどん増える狙いがあったのではないかと推測しています。

 

大きな会場で、トンネルをどこに設置するかというのは、会場の全体構成、導線設計にも多く関わってきます。来場される方の「心の動き」を、トンネルやイルミネーション等の様々なスポットを作ってあげることで、体感してもらえるような構成をまとめていくと、より楽しんでいただけるのかな、と思います。

 

光り(イルミネーション)のトンネルで、有名なところでは、3年連続で全国イルミネーションランキング1位の「なばなの里」ですね。

圧巻の長さ、イルミネーションの数。「なばなの里 イルミネーション」は、5/8まで開催中です。また行こうかな〜。他にも行きたいところいっぱいあるなぁ〜。

最近は、各地で大型イルミネーションスポットがありますので、みなさま、イルミネーションをお楽しみくださいませ。

 

さて、今年も年初からイルミネーションだったり、他のデザインお仕事も進めております。

 

もうすぐバレンタイン。バレンタインにイルミネーション。

春には、スプリング・イルミネーション。

夏には、サマー・イルミネーション。

秋には、ハロウィン・イルミネーション。

冬には、クリスマス・イルミネーション。

 

季節にあわせて。又は、それ以外にも、様々なイルミネーション展開が、これからも続きそうです。

そんなイルミネーションへ導く、ワクワクするトンネル、その先のことを考えてみます。

 

がんばろ。

 

【ご提案について】