イルミネーションデザイナーの想い | 千葉友也 - 設計・デザイン -

京都を拠点にするイルミネーションデザイナー千葉友也のブログです。全国のホテルや店舗、商業施設等におけるイルミネーションをメインにデザイン、企画設計。装飾照明、空間設計(ディスプレイ、展示会イベントブース、インテリア)、グラフィック、WEB等。

「下鴨神社 糺の森の光の祭」 チームラボがアート空間に演出

f:id:chibatomoya:20160819092427j:plain

チームラボが手がける「下鴨神社 糺の森の光の祭」

京都在住の僕にとっては、小さな頃から馴染みのある下鴨神社世界遺産でもある下鴨神社で、今回チームラボのアート展示が行われるということで、会期初日に行ってきました。

 

f:id:chibatomoya:20160819092942j:plain

この看板が入口に両サイドに設置されていました。チームラボのロゴと、下の明朝体フォント、面のスペースとのバランスが良い感じ。このフォント、写真では見えにくいですが、うっすらぼかしを入れて、文字が光ってるようなデザインにしてあります。(WEBサイトでもそうですね。)

 

「呼吸する木々-下鴨神社 糺の森

下鴨神社糺の森の参道沿いの木々にRGB照明でライトアップがされ、光の空間がずーっと続くのは、昼間に訪れる参道とはまた違うアート空間へと演出されていました。

f:id:chibatomoya:20160819093756j:plain

参道の木々は、そばを通る人々に反応して、光の色を変化させ音色を響かせるアート演出が続きます。これが、参道の木々が呼吸するかのようなイメージでしょうか。

これ、本当にずっと続いてます。ちょっと照明器具を気になるところは職業病でしょうね。。。汗だくになりながら少し並んでいると、「並んでも入れませ〜ん。」というアナウンスがあり、途中で列から外れて、前へ進んでいくことにしました。(その時、そのアナウンスを信じて、今日は入れないんだな、と思ってたのに。。。→この記事後半へ続く)

 

「呼吸する球体-下鴨神社

下鴨神社の楼門の中には、光の球体が光の色を変えたり、ゆっくりと呼吸するようなアート空間があります。この球体達が連動した変化、そして、その変化と連動して参道の森も変化していく。それが呼吸していく。。。というような感じかと。

 

僕は、途中で並ばずに進んできたので、柵があり、入れず。そして「入れませんので、ここにたまらず、移動してください。」というアナウンスがまたもあり、球体が点灯したことを確認したら、会場を後にしました。。。なので、手前から撮影だけしてみました。

f:id:chibatomoya:20160819095634j:plain

わかりにくいかもしれないですが、ピンク系の色の球体が見えています。この球体がRGB色変化していきます。家に着いて、ネット検索すると、球体に入れることを知り、球体の体験をされた方の情報を見れたので、まあ、良しとします。(あの、入れませんアナウンス、移動してくださいアナウンス。。あれは一体何だったんだろうか?けっこうあのアナウンスで帰る人多かったです。僕もその一人。。。)←これ、残念なことのひとつ。

現場に行って体験することでわかることって、やっぱりあるなぁと改めて思う。なので、できるだけ何かあれば行こうとしています。ネット画面だけでは把握できないことって、けっこうたくさんありますからね。演出方法、会場構成、運営、導線、人の表情。。。などなど。そういう意味では、良い勉強になったと思います。

 

「呼吸する球体」は、会期初日と、今後は土日のみになります。

(※呼吸する球体は、有料となります。)

下鴨神社は、お昼に行っても、ステキすぎる空間を体験できますよ。

 

開催概要

下鴨神社 糺の森の光の祭

会期:2016.08.17〜08.31

会場:京都府 下鴨神社

参加費:呼吸する球体のみ有料(500円)

開催時間:18:00-21:30

light-festival.team-lab.net

 

また球体にチャレンジしようかな。。。。

僕のイルミネーションとも組み合わせることもあるRGB照明。それについても良い体験したなって思います。イルミネーションについては直接僕にお問い合わせしてもらえれば。

アートアクアリウム展〜大阪・金魚の艶〜【2016】

f:id:chibatomoya:20160716133139j:plain

アートアクアリウム誕生10周年記念祭

アートアクアリウム展〜大阪・金魚の艶〜

 

大阪でのイルミネーション内覧会の後に、行ってきました。今年は、アートアクアリウム誕生10周年だそうで、大規模な会場で空間全体に映像や音楽を用いたり、照明演出をしてあり、金魚たちと楽しむことができます。

また、映画「ファイティング・ドリー」公開記念スペシャアートアクアリウムもあり、来場されてる方々は、楽しんでいるようでした。平日に行ったんですが、本当にたくさんの人で、人気あるなぁ〜と。昨年の京都・二条城のを行けなかったのが、惜しい。。。w

 

www.disney.co.jp

 

 

今年は、大阪、東京、金沢と3会場で開催さそうで、今年は東京、金沢も行ってみたいなぁ〜だなんて思ってます。

 

大阪会場:堂島リバーフォーラム(〜9月5日まで開催)

東京会場:日本橋三井ホール(〜9月25日まで開催)

金沢会場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(9月中旬〜10月14日まで開催予定)

 

アートアクアリウムWEBサイト】

アートアクアリウム | Art Aquarium | 金魚の美を愛でる全く新しく涼しいアートアクアリウム空間

 

 

金沢会場の金沢21世紀美術館は、妹島和世+西沢立衡/SANAA設計の美術館。昔から行きたいけど未だ行っておらず、アートアクアリウム展開催中に観光してこうかなー。

 

www.kanazawa21.jp

 

妹島和世+西沢立衡/SANAA WEBサイト】

Kazuyo Sejima + Ryue Nishizawa /

 

東京には、行きたい展覧会などが開催中とあり、ちょいとまた行ってみたくプラン中。世間では夏休みでもあり、宿泊施設、予約とれないかも。。。うーん。

イルミネーションカタログ【ILLUMINATION STYLE BOOK Vol.13】

f:id:chibatomoya:20160709145926j:plain

イルミネーションカタログ【ILLUMINATION STYLE BOOK Vol.13】

キヌガワ・パックグループのイルミネーションカタログ。

オリジナル新商品、ベルギー製大型商品等、多数掲載。イルミネーションの組み合わせ例を新たに今年も追加し、新しい使い方を「スペシャルコンテンツ」ページでご覧になれる充実した内容です。

 

カタログ請求は、下記サイトより。

http://illumi-style.com/inquiry/

キヌガワ・パックグループ イルミネーション内覧会 in 大阪 のお知らせ

f:id:chibatomoya:20160701161648p:plain

ILLUMINATION 内覧会 in 大阪

2016.7.14-15

 

みなさま、こんにちは。

じめじめとした季節ですが。イルミネーションの光で楽しんでいただければ。

 

キヌガワ・パックグループのイルミネーション新商品内覧会を大阪でも開催いたしましす。東京会場とはひと味違った会場構成のイルミネーション内覧会となります。

 

大阪会場は、私めが担当させていただくことになり、イルミネーションに、プラスして取扱い商品も展示する予定です。今年は、イルミネーションの新商品も多く、色々なコーナーを紹介できるんではないかと思っております。

 

もしよろしければ、下記サイトで来場申込みお願いします。

え?僕も会場にいる?かも??

会場が賑わってるのを見に行くかも。。。しれませんw

 

 

キヌガワ・パックグループ

<イルミネーション内覧会 in 大阪>

 

会場:株式会社キヌガワ本社

開催期間:2016年7月14日(木)、15日(金)

開催時間:10:00〜17:00

 

※当日は、混雑が予想されますので、事前のお申し込みをおすすめしております。ご来場に際しましては、お申し込みフォームより予約申込みをお願いいたします。申込締め切りは、7月10日(日)までにお申し込みください。

 

ご多忙の折とは存じますが、皆様お誘い合わせの上、ご来場いただけます様、スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

 

お申し込みにつきましては、下記WEBサイト・フォームからのお申し込みになります。

<ILLUMINATION STYLE WEB イルミネーション大阪内覧会申込ページ>

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

f:id:chibatomoya:20160624121316j:plain

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

イギリスを代表するデザイナー、ポール・スミスユニークな世界観とファッションだけにとどまらない多彩なクリエイションの軌道にせまる展覧会。世界のトップファッションブランドとして地位を確立した彼のキャリアを振り返り、クリエーション、インスピレーション、コラボレーションなどが展示されています。

 

今回は、京都から開催スタートということで、早速行ってきました。ポール・スミスが好きな方には、たまらない展覧会になってるんではないでしょうか。僕自身は、好きだけど、あまり身に付けてはないので、展覧会の会場構成、企画、その他諸々をポールスミスの軌道をたどって、勉強しに行ってきたような感じです。

f:id:chibatomoya:20160624121624j:plain

デザインスタジオを再現したコーナー。ここでは、ブランドのアイコン的な、ストライプ柄もここで生み出されており、クリエーションの裏側を見ることができる空間です。まあ、僕のデスクの散らかり様は、お見せできませんが。。。

 

f:id:chibatomoya:20160624123950j:plain

数々のコラボレーションアイテムも多く展示。エビアンのこのボトルがかわいい。

f:id:chibatomoya:20160624124058j:plain

これがストライプ柄が施されたローバー社のミニ。本展で世界初公開となります。こんなストライプ柄の車が街に走ってると、けっこう印象強く残りますよね。

f:id:chibatomoya:20160624124243j:plain

奥様へのコメント。ステキやなぁとひとりで立ち止まったコメント。

「ポールの頭の中」「ポールのアートウォール」でも、ひとりでずーっと見て楽しめるコーナーでした。企画も、現代にもしっかり対応された構成になっており、おそらく今後しばらくは、このような展覧会方式が色々なところで開催されていくんだろうなぁと思います。

 

ポール・スミス展は、京都から、東京、名古屋と巡回していきます。

詳細は、下記になりますので、ぜひ行ってみてください。

 

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

【開催概要】
ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH
京都国立近代美術館
会期:2016年6月4日(土)~7月18日(月・祝)
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
TEL:075-761-4111
■上野の森美術館
会期:2016年7月27日(水)~8月23日(火)
住所:東京都台東区上野公園1-2
TEL:03-3833-4191
松坂屋美術館
会期:2016年9月11日(日)~10月16日(日)
住所:愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋本店南館7階
TEL:052-264-3611

 

paulsmith2016.jp